« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月24日 (月)

間違いは間違いでしょ。

私、プロレスと空手以外の格闘技が好きで・・・(自分でやることはありませんが^^)柔道やレスリングをテレビで観戦してます。特に好きなのはボクシングと柔道です。総合格闘技?で好きなファイターはミルコ・クロコップですね~。

昨日の女子レスリング、浜口の誤審負け。。。

アニマル浜口の”ワハハ”は、毎度アホらしいと思いつつ笑ってしまいますがキャラは大好きです。

娘の浜口の人柄の良い笑顔のファンでしたが・・・

なんであの子はあんなにツイてないんでしょうね。対戦相手のブルガリアの選手は前回の決勝のとき、浜口に頭突きを食らわし鼻の骨を折った・・・因縁の相手だそうで。

それにしても・・・、スポーツの判定って一度判定が出ると誤審でも覆らないのは何故なんでしょう。それが不思議で不思議で不思議で・・・不思議でたまりません。

間違いは間違いじゃないんでしょうかねっ(怒)

審判ひとりのおかげで、甲子園に行けるのも行けなくなったり・・・

金メダル取れるのも取れなくなったり・・・

人生変えちゃうんですからね。

誤審を誤審と認めてもらえるシステムにならないものなんでしょうか。

運も実力のうち、とか言われますけど・・・

浜口の可愛い笑顔が悲しいです。

と、ひとりブツブツ文句言っております。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年9月22日 (土)

お彼岸ですね。

好きな花の中に、彼岸花があります。真っ赤に群生して咲いていると魅入ってしまいます。縁起の良い伝えが無いため、家に切花で飾ることができないのが残念です。本当に綺麗な花だと思うんですけどね。

お墓参りに行ったり、お寺さんに家に来てもらったり・・・の予定が明日、あります。

宗派は別なんですが、私の大好きなスポットに第五十一番札所、石手寺があります。道後温泉に近い場所に位置します。ここに来ると、捨てられた猫や犬がのんびりしています。みんなが大事にしてくれるから、のんびりしています。

ここに来るときは、いつも母と一緒です。ひとりでは滅多に行きません。石手寺の敷地内にはいくつかのお堂があります。その中に一箇所、座れるところがあります。そこはものすごいパワーを持っているところで、心の中の痛みが深いほどパワーを感じるところです。

もうだいぶ以前のことになりますが、ここにお参りして奇跡を感じたことが二度あります。奇跡というのは、願いをきいてくれた。と言う意味です。これは世にも不思議なもの凄い出来事でした。なんかよくわからないのですが、ここに来るだけで気持ちが落ち着きます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年9月20日 (木)

良き相棒。

ちょっと・・・奇抜なデザインテンプレートに目が痛かったらごめんなさい(^^)。デコトラファンという訳ではないのですが、両脇のピカピカが気に入りまして・・・使いたくなりました。

ときどき、対向車線を走るトラックのフロントになんか色々な言葉を書いて見えるようにアピールしてるトラックが居ますよね。あれ、ついつい読んじゃいます。くさすぎる文句にはおもわず笑ってしまいます。

さて、S様からラムちゃんとお子さんの仲良しショットが届きました♪肩にパンダが乗ってるのは余計かもしれませんが、個人保護?でパンダに協力してもらいました。ご了承ください(^^)

Photo

一緒にけんかしたり、遊んだり、ラムちゃんを弟のように可愛がってくれてるそうです(^^)

Photo_2

すっかりあたらしいおうちに溶け込み、やんちゃし放題してるようです。

Photo_3

ふわふわふかふかで気持ちよさそう♪

私の子供の頃も、側にいつも犬や猫が居ました。すごい犬猫好きで、家族で旅行に行っててもずっと犬を抱いて離さず(聞かん坊だったので^^;)仕方なく一緒に連れて行ったみたいです。家族旅行の写真にはしっかりマルチーズを抱いてる写真が残ってます。悪ガキが、アメやお菓子でベタベタになった手で触るので、くっちゃくちゃになったマルチーズ。白い犬なのに、黒く汚れてる・・・(笑)。いつも抱っこして近所を歩いてたそうです。

色々居ましたね・・・、歴代の愛犬愛猫たち。心に残って忘れる事はできません。ペットを飼えない子供達からは常にうらやましがられてました。でも、私にはごく自然にいつも居て当たり前のような環境で育ったので、やっぱりいつも何かが側に居るって言うのが自然ですねー。

きっと、この写真の男の子にとっても、ラムちゃんが良き相棒になるんだろうな~なんて思いながら、私の子供のころを思い出していました♪

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年9月16日 (日)

ハルラナ。

Cimg6690 

ハルです。もーちょっとで生後5ヶ月に成ります。なのに、まだお乳を吸っています。

Cimg6700

姉妹のラナです。ベンガルは先祖が野生の山猫であるため、性格の穏やかさや扱いやすさ、家庭猫としての適性を重視される猫種です。

この姉妹はこの点に関しては難なくクリアです。特にラナの性格は太鼓判押せます。模様がどうこう言うよりも、こんな性格の子であれば「そんなの関係ねー!おっぱっぴー!」です(^^)

姉妹一緒に遊べるように、いつも一緒に置いてます。なので、どちらか片方を連れて行くとものすごく鳴いて寂しがるため2匹は離す事が出来ません。でも最近・・・、どうしたものかとおもう事が一点。

ハルがラナのおっぱいを吸うんです。ラナも母猫のようにハルに吸わせています。この姉妹も5ヶ月を過ぎればお年頃になりますので・・・お乳を吸わせているとホルモンのバランスが崩れるのではないかと心配しています。

仲良し姉妹。できることなら一緒にしておいてやりたい。悩んでます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年9月 7日 (金)

ちびっ子ギャング。

キャッテリー内に居る子ニャは、私のキープの子ニャーズ(ココナッツモーちゃん)だけ。出産ラッシュ・ザ夏の陣2007で生まれた子ニャーズたちは、それぞれの新しいおうちに行ってしまいました。

どこを見回しても子ニャだらけ!の多忙だった日々を思うとつまらなく思いますが、オーナー様たちから子ニャが元気に過ごしているメールやお電話を頂き、ニッコリしております。

0526

オーナー様の大方が先住猫ちゃんズの居る猫大好きファミリー様ばかり。子ニャを迎えるのも、もう何回目かという猫歴の長~いお宅もおられます。それでも、来たばかりの子ニャ対先住猫ちゃんズが、すぐに打ち解けるかどうかは対面してみないとわかりませんので・・・どうかなどうかなとドキドキでお返事待ってました。

しかし・・・意外とあっさりうまく行ってるようでして、先住猫ちゃんズのお育ちの良さに感激いたしました。新参者のちびっ子ギャングを時にきびしく、時にやさしく接してくれる健気なオトニャたち(みんな、ありがとう!)。ちびっ子の特権濫用で、先住猫様たちの立場もわきまえず我が物顔で振舞っちゃうので・・・さぞかし大変でしょう(^^;

0531 ニール君のおっぱいを探してるのかな?(笑)

そんな、そんな健気なオトニャたちの中で・・・ひとり参ってしまったニャン様、アレックス君。動画でも、ユリちゃんの暴挙(笑)に兄ちゃんらしく振舞っていて大変立派です。人間でも、我慢するって言う事は難しい事です。犬や猫にとって、「我慢」の難易度は最高レベルだと思います。

「我慢」できる子は、非常に知能の高い子だと思います。・・・って、アレちゃんはうちのキャッテリー出身なので、親ばか炸裂であんまり褒めちぎるのもどうかなんですが、でもお許しください(^^)

繊細なアレちゃん、ちびっ子ギャングのユリちゃんにとうとうギブになっちゃいました(^^;お母さんの注意が早く、対処も万全なので休息をとれば大丈夫でしょう(^^) まぁ・・・、普段は穏やかでのほほんセレナおかにゃんでさえ、あの暴れっぷりにはヒス起こしてましたから・・・おとなしいセレナでもこんなに怒るンや~・・・と驚きましたもんね。

ちびっ子ギャングのオーナー様各位、しばらくは暴れております(^^;いつ落ち着くかは、そのうち・・・気が付いたら立派なオトニャに成っておりますので(なんというアバウトな^^;)どうか気長に見守ってやってください。オトニャに成っても子供っぽさの残るチャーミングなところもあります。

0528

静か~なひと時は、寝てる・食べてる・イタズラしてる(笑)ときです。この画像↑はユリちゃんがお客さんにヘトヘトに成るまで遊んでもらったあとの爆睡中の画像です。)

なんて言いましょうか・・・アセアセ(^^; どんだけ暴れても(どんだけー♪)もういらないから実家に帰りなさいっ!とは言われないんでしょうね~(笑)。ベンガル飼いのリピーター様も意外と多いし(^^)ホント、ベンガル好きですね~♪

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年9月 5日 (水)

ロブスター

今日初めて知って驚いたことが。あんまりたいしたことでは無いんですが・・・

ロブスターがザリガニの大きい版だったということ。

私はロブスターはエビかと思ってました。エビにはハサミが無い、ロブスターやザリガニにはハサミが有る・・・という事だそうです。

あぁ~そっか、なるほど。と、思いました。

アメリカの人と食べ物の話をしていて・・・南部ではザリガニを食べると聞きました。山盛りのザリガニを大勢でワイワイ食べるんだそうです。すっごく散らかるので、大体は外で食べるんだそうです。なーんか映画でもそいういうワンシーンを見たことあるような気がします。

そういえば7年ほど前に、アメリカ南部に行った時・・・非常にびっくりしたことが。道路に野生動物が車にひかれてるのは何度も見かけましたが

アトランタからアラバマへ向かう道沿いで、アルマジロが四本足をまっすぐ上に向け、仰向けにひっくり返っていました。交通事故で昇天してましたが損傷が無く、初めて目にするアルマジロにハイテンションになってしまいました。

日本の田舎道では、カエルやヘビが車にしかれてペッチャンコになってるのは昔、よく見たんですが・・・アメリカ南部ではアルマジロが!ただでさえアルマジロなんて見たこと無いのに、あんな姿で目撃するとは思いませんでした。南部でアルマジロは、日本で言えばタヌキ並みに出没する存在なのかも。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年9月 3日 (月)

子ニャベンガル@最強(目がテン!)

Cimg6621

子ニャーズたちは新しいご家族に、空港まで迎えに来てもらって・・・

Cimg6640

小さなバスケットに入れられて大鳴き、係りの人に連れられ・・・

Cimg6641

まだかまだかと”うちの子”を待ちわびる、子ニャの親御さんたち(^^)

Cimg6644

ミャオっ!ミャオっ! 姿は見えども”うちの子”の元気な声。お迎えにこられている親御さんたち、「あの中(バスケット)に入ってる子がうちの子!」と、心躍る瞬間なのでしょうね。

Cimg6643

バスケットのふたを開けてもらい、子ニャが初めて目にするニッコリ笑顔の親御さんたち。初めての空の旅に怖くて震える子ニャも、やっと安堵の時が。

やっと着きましたよ、はるばる四国の松山からやって来ました。ものすご~くやんちゃで走るの大好き。いっぱい走らせてくらさいね(^^)vそれから・・・甘えも半端じゃないれす。これからどーじょ、ヨロシクお願いしますゴロゴロゴロ♪ by 子ニャベンガル@最強(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »