« モデルハウス(その1) | トップページ | 犬好きベンガル。 »

2008年5月25日 (日)

モデルハウス(その2)

言い訳がましい理由はさておき、ちょっと前にメールをもらっておきながらメールの返信よりも先にブログの記事にしちゃいましたァcoldsweats01あとでメールの返信いたしますのでおゆるしくだせぇrecksさんm(._.)m

今度は何のモデルハウスの推薦かと申しますと…。これまた先住猫ちゃんが新入り猫ちゃんを受け入れるまでの一例として、そしてrecksさん宅の場合は、子猫ではなく成猫を新入りさんとして迎え入れたことと、その新入りさんがどのようないきさつでrecks家の一員と成ったかを紹介したいと思います。(ちょっとかわいそうなお話です)

recksさん宅には、すでにベンガルが二匹居ます。もうこれ以上、猫家族は増やすまいと思っていたところに…思いがけなく新たにもう一匹のベンガル1才の男の子がシェルターからやって来ました。

この男の子は若い夫婦がペットショップから買った子だそうです。シェルターに引き取られるまでのいきさつはこうです。

  • 暴れん坊なので持て余し気味、そして奥さんが妊娠、飼育放棄、室外へ出される。
  • でも子猫なので行くところがなく、裏庭に住んでいた。ゴハンはドッグフード。
  • 見かねた人がシェルターへ。数ヶ月暮らす。
  • とあるご夫婦が彼ともう一匹のミックスちゃんをペアでトライアル。しかしベンガルは淋しかったのか奥様のストーカーをしてしまい、4日目にしてパス。
  • これ以上たらいまわしにしたくないシェルターの方々、一生懸命おうちを探す。
  • つぎのおうちを探している情報がBさんのもとへ。Bさんからrecks家に連絡が…。

そして、recksさんはどんな子だろうとシェルターに会いに行かれてびっくりされたそうです。それは、いたって普通のベンガルで、要するにおしゃべりでしつこいくらい人懐っこくって何時でもみんなの中心にいたくって、指は舐めてくれるし呼べば返事するし、まさに典型的な「中身が犬(笑)」のベンガルだったから。。。

この子の元飼い主は、手放すときに「高いお金を払ったのに!」と言い放ったそうです。recksさんのメールを読みながら、かわいそうにかわいそうにと読んでいましたが…この捨て台詞には何とも悲しくなり、思う気持ちの全てを残念の一言に凝縮しておきます。この捨て台詞を、他の人はどんなふうに思うのでしょうか。

さて、この子の暗い話は…recks家に迎えられたことで光が差し始めました。

対面させてみると、先住猫たちは当初シャーシャーフーフーたいへんだったよう(^^; ですが、ピコ君は男の子なので柔軟性があり、3日目にしてすでに打ち解けたような仕草で近寄り、おもちゃをくわえていって貸してあげたり、自分の毛布を使わせてあげたり、そしてなんと5日目には鬼ごっこまでするようになったそうです。 カラメロねーさんはやはり女のプライドと言うか、まだまだ簡単に受け入れるわけには行かないわよ!…といった感じで近づきすぎるとシャーしていましたが、10日目くらいからはいつのまにか鬼ごっこにさりげなく参加(笑)するファニーな乙女なんだそうですshine

recksさんたちは初日から先住チームを褒めまくってご機嫌とりに必死だったそうです。その甲斐あって、三匹仲良く過ごしているようです。最初の1週間ほどは、たいへんだったでしょうね。

そして、新入りの前の辛い思い出のある名前は返却して、新しく「ブニュエロ(Bunuelo)」と名付けてもらったそうです。普段はぶぬたんだそうです。

Picobunu

背中を向けているのがピコ君。向こう側のマーブル模様の子がぶぬたん。ピコちゃんは日課の30本ダッシュをやる相棒が出来て大喜びだそうです。30本ダッシュって…何?!happy01

Pibume

仲良く3ショット。カラメロちゃんは、無理矢理付き合わされていた30本ダッシュから解放されて大喜び(笑)なんだとか。

元々性格の良さそうなぶぬたん。君はきっとどんな境遇に居ても文句言わない子だろうね。小さな幸せを見つけて喜べるようなタイプに思えます。今までが今までだったから、なんでも嬉しいことだと思います。なんて健気なんだ…weep スイマセンひとりドラマの中に入っております。

みんな、元気で仲良くねsign03応援してます。

|

« モデルハウス(その1) | トップページ | 犬好きベンガル。 »

コメント

recksさんapple

衝動的に、メールへの返信よりもブログに直行してしまいましたcoldsweats01
良いおうちへ行けて、良かったな~とrecksさんの慈悲深さに感動してしまいましてconfidentweep

投稿: sunzdolphin | 2008年5月26日 (月) 19時34分

みみさんapple

ですよね。誰だってみみさんと同じ意見だと思いますdespair
どの子だって、ぶぬたんみたいな幸運は掴めないです…。
動物愛護取扱者の講習会につい最近出席し、無残な姿の犬猫たちのスライドをみたところでして…、そしてこの話。講習会へ行くと、とんでもない話がいっぱいでした!愛護センターのスタッフは、連れてきた犬猫を…連れてきた本人に犬舎猫舎へ入れさせるそうです。。。。。

投稿: sunzdolphin | 2008年5月26日 (月) 19時30分

おはようございます。
ぶぬ話を載せていただいてありがとうございました♪
へへへ〜、30本ダッシュはね、リビングの窓際から玄関まで猛ダッシュで駆け抜けるピコの日課ですよん。

今回ぶぬを引き取るにあたって、もちろんお金がかかりました。でも「買う」っていう感覚はありえないんですよね、ほんとに家族として迎えるときは。お金の問題じゃないですよね、家族だもん。
怒りや憎しみは、更なる怒りや憎しみにつながってしまうから、ぐっと我慢して、ぶぬを大切にしていくことで他の不幸な子たちの気持ちが救われるといいなあと願ってます。受け入れてくれた先住猫たちにも大感謝してます(^^)

あと、みなさまの貴重なご意見も心にしっかり留めて行きます。ありがとうございました。

投稿: recks | 2008年5月26日 (月) 10時58分

フウカママさんapple

おしゃべり好き、寡黙な子、さびしがり、甘えん坊、個性は色々ありますよね。たくさん猫を飼うと、個々で性格もちがうもんだと驚くことがありますよねconfident。そして一緒に暮らし始めて発見する事も、多々ありますし…特に子猫から飼い始めると成長と共にいろんな一面が芽生えてきて、この性質はこれ以上伸ばさないように気をつけて接していこうとか、この良い性質はどんどん出させて行こうとか、こうすればこう返ってくるのか等等…育てながら思うことです。
その個性を生かすもころすも人次第。気付かないでいる人は、宝の持ち腐れになることもありますよね。
これ、猫に対しては冷静に対処できるんですが…自分の子供となると、なかなか難しかったりなんかしてcoldsweats01
フウカママさんのように、いろんな一面に気を配ってくださるオーナー様だと、子猫は快適だと思います。happy01ありがとうございますnotes

投稿: sunzdolphin | 2008年5月26日 (月) 10時02分

ぴー太郎さんapple

おひさしぶりですhappy01
猫の猫生も…それぞれいろいろ。飼い猫は飼い主によって猫生ちがいますもんね。
外に放り出されて、なんでも喰っとけみたいにドッグフードcrying挙句に、高いお金を払ったのに…と言われて捨てられて、ぶぬたんに何を期待していたんでしょうねangry。タダでも高額であっても、猫は猫。買うと飼うは大違い!!お金ですべてが望めるとおもってる、残念な人たちですね。recksさんに巡り会えてよかったですよね。今まで甘えられなかった分を一気に放出しているからrecksさんも、先住猫チームとの兼ね合いも考慮してちょっと忙しいと思いますが、人間についてもいろいろ考えさせられるrecksさんのメールでした。

投稿: sunzdolphin | 2008年5月26日 (月) 09時31分

こんにちは、自分でわざわざペットショップまで行って仔猫を迎え入れておいて飼育放棄するなんて!命をなんだと思ってるんでしょうか?
旦那さんもなにもしなかったところを見ると、夫婦ともども同じ人種といったところでしょうか・・・悲しい事です。
飼育が無理ならせめて貰い手を捜すとかするのが飼い主の責任だと思います。
この夫婦の顔が見てみたいし、こんな命の大切さを知らない人間に育ててしまった親の顔も見てみたい。
猫を飼ってる友人の1人に子供ができて猫なんかどうでもよくなる。もういらない発言をした子がいましたが、確かに自分の子供は格別に可愛いのだろうけどそれは違うと思って、飼えないならきちんと対処するように言ったことがあります。
正直友人といえど、軽蔑したのも事実でした。
こんな無責任な人たちに生き物を飼ってほしくないです!
この猫ちゃんはよいご縁があってほんとによかった!

投稿: みみ | 2008年5月26日 (月) 09時26分

そうなんです。apple
虐待する人は可哀相な人ですよね。自分で気づいていない
だけに余計哀れですね。

★フウカりん通信NO5

私はうちのフウカちゃんは泣き虫weepだと思っていましたが違って
たんですね。ごめんね。coldsweats01
あれは私に何かを言いたくてウニャと鳴いてたんです。gawk
いまではPCをしている私の横で、可愛いベッドがすっかり気に
入ってokheart02その中で遊びながら、時々「こっちを見て」と言うよう
に小さい声でウニャと鳴くんです。lovely
「ハイハイ、なーに」と言うと安心したように又遊んでいます。cherry
つまりフウカりんはおしゃべりな女の子だっただけなのです。smileheart04
そして「可愛い、いい子、グっジョブ」と褒め言葉を連発すると嬉し
そうにおとなしくしてますよ~。heart01confident
フウカちゃんはうちに来て良かったね。oknote

投稿: フウカママ | 2008年5月26日 (月) 08時34分

お久しぶりです。
記事を拝見していて驚いてしまいました。そんな子猫を外に出す人たちがいるなんて、本当に顔が見てみたい位です。どう考えたって有り得ないです。そりゃあ少しばかりやんちゃかもしれないけれど、眼を見れば遊んで欲しいの~って気持ち位わかるかと思うのですが・・・その子の何を見ていたのでしょうか?人間としても寂しい人たちですよね((+_+))
recksさんに縁があって本当に良かったと思います。

投稿: ぴー太郎 | 2008年5月25日 (日) 20時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182205/41311487

この記事へのトラックバック一覧です: モデルハウス(その2):

« モデルハウス(その1) | トップページ | 犬好きベンガル。 »