« ひしめきあって。 | トップページ | ニコラ。 »

2009年1月 4日 (日)

余談中の余談。

昨年の暮れ…夜中のテレビをなーんにも考えずにボーっとみておりました。テレビショッピングばかり流しているチャンネルですが、何の商品でもすぐにソールドアウトになる番組。ベルの鳴る音が売り切れの合図。一つの商品を紹介するのに約5分程度のセールスなのに、すぐソールドアウト。どれだけの在庫品揃えでソールドアウトになるんだろうかと気になって仕方ありません。それと、おおげさなセールストークを聞いているのがおもしろいんです。

何気に…、それをみながらウトウトし始めたときに

目が

パチクリした商品がsign01

それは毛皮の商品のセールスが始まってからちょっとしてからでした。

セーブル、ミンク、ラビット、チンチラ、モモンガ(それはない)

と続いて出た毛皮のストールに目がギンギンになりました。

『お次の商品は、レパードのストールですnote

モデルさんが羽織っているのは…うちの猫じゃないっsign02

うっうっうっ(泣crying)アリー、こんな姿になっちゃってcrying

なーんてbleah

目をギンギラさせて、自称ベンガルアナリストの私。

スポットの入り具合、地色とのコントラスト、ロゼットの形、コートの質感、グリッターの有る無し、などを念入りにチェックしました。

なんの山猫かは分かりませんが、アジアに生息する…山猫の一種なんでしょうね。たぶん。

ひととおりチェックしまして、自称ベンガルアナリストの私。大方、全般よろしいですがグリッターが全く無いのがザンネンだと思いました。

ではなくて

私、毛皮の商品を見て初めてムっannoyときました。

飼った事も見たこともない動物の毛皮にはさほど感じなかったのですが・・・

あの模様と猫にはひとかたならぬ愛着があるだけに、それだけのために大きく成長させて、ファッションにさせられてしまった山猫の無念を思うと悲しい気持ちになりました。

うちではあんな模様の可愛い猫たちがニャンゴロニャンゴロと甘えて見つめてくれるのに。。。

実はですね、アジアのある国から…去年私の携帯に国際電話がかかってきました。

すごーくテンションの上がったガラガラ声のおじいさんが、

『あ”あ”あ”sign03○○しぇんしぇーですかァsign02 わらし、○○しぇんしぇーのPEN~KALが、だぁーいすきぃsign03sign03

私のことをしぇんしぇーと呼び、BENGAL(ベンガル)をPEN~KAL(ペン~カル)と叫ぶ、アジアのおじいさん。きっと、この年代の人が喋れる日本語は日本軍から教わったんでしょうね。。。日本人への敬称は、しぇんしぇい。

突然のハイテンションなアジアのおじいさんの一方的な発言に、どう対処して良いのかわからなくなった私。さらに私を襲ったのは

『買うsign03、わらし、○○しぇんしぇーのPEN~KAL買うsign03』と連呼連呼の嵐。

わかった日本語は、これだけです。あとの日本語は…、何度聞きなおしてもわかりませんでした。とにかく、押せ押せでずっとハイテンション。(すごい苦手…^^;)

すると今度はFAXが流れてきました。それはそれは…見慣れないなんと読むのすらわからない複雑な漢字の数々。やっぱり私の名前の敬称には先生が付いてました。まぁ、自称ベンガルアナリストなので、しぇんしぇ~って呼ばれてもOKです(笑)。

書かれてある内容では…どうしても譲る気持ちになれず、その方のお力には成れませんでしたが…その国ではベンガル猫を毛皮としてファッションに使用するという話もあるそうです。その話は、このおじいさんから電話をもらう前から聞いて知っていたのでついつい警戒もしてしまいました。こんな話は余談になりますが…

あの山猫柄のストールだけは…かなり眉間にシワが寄りました。やんわり書いてますが、本当はもっと過激な言葉で書きそうになります。プリントものやフェイクならどーってことないんですが、かわいそうな猫の毛皮なんか要らんわい!です。テレビショッピングみるの好きなんですが、あれだけは気分がわるかったです。付け足しですが、ソールドアウトになってなかったです。

|

« ひしめきあって。 | トップページ | ニコラ。 »

コメント

るくうさんclovercat

そうなんですか…。ベンガル猫がどんな猫かを紹介するときに、『ヒョウ柄の毛皮をまとった猫…』なんていう文句は使用するべきじゃないですね。反省と改心しました。剥がされた毛皮商品をテレビで見てからそう思いました。生々しいですが、それを見てたら、モデルさん首元に爪を立ててすごい形相でギャーって言ってる様子を想像してしまいましたshockホラーな表現ですが、そう見えてしまいましたcoldsweats02

投稿: sunzdolphin | 2009年1月 9日 (金) 10時41分

山猫の毛皮と称されて売られている物の中にはかなりの数のイエネコが存在するらしいです。
特に中国から来るレパードはイエネコから選別された物でほぼ間違い無いとか。
詳しくはネットで調べればいくらでも出てきますがネコ好きさんはあまり見ないほうがいいかも・・・
皮革製品は全面禁止すべき製品です!
大きな運動なんて起こさなくても一人ひとり買わなければいいだけなんですから。

投稿: るくう | 2009年1月 9日 (金) 00時58分

ウェンディママさんclover

あれは気分のわるい商品でした。価格は10万ちょっとでした。。。
猫の好きなひとには身に付けられないでしょうね。海外で毛皮のコートを着ている人にトマトや卵を投げて抗議するニュースをみたことありますが、まさに…その集団に参加しそうな衝動に駆られましたcoldsweats01

投稿: sunzdolphin | 2009年1月 6日 (火) 11時22分

オーナー様のお怒り、当然であり、おっしゃる事すべて正論ですconfident
本当に腹立たしく嘆かわしい事ですねcrying

以前、夫が言っていました・・「ウエちゃん、日本にいて良かったね」
・・よその国なら、とっくに標的になっていた・・と。

ベンガルの美しい豹柄コートに目を付ける人達、お金儲けのためだなんて、本当に許せません!angry

価値観の違い、文化、生活習慣の違いだけで片付けられる問題じゃありません。本当に悲しい事です…weep

ただ無力な私・・うちの大切なベンガルズは、どんな事があっても守るゾ!と、心を新たにしましたconfidentflairshine

投稿: ウェンディママ | 2009年1月 5日 (月) 17時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182205/43635692

この記事へのトラックバック一覧です: 余談中の余談。:

« ひしめきあって。 | トップページ | ニコラ。 »