« 高い高い♪ | トップページ | 具沢山な記事。 »

2009年10月 8日 (木)

スリリング♪

荒野のガンマン、そして日本の侍。決闘のときは、決して後ろから撃ったり斬ったりしないのがルール。

ところが猫たち。

背後から忍び寄り、不意打ちして相手がannoy怒ってる様子を見るのは楽しくてたまらないっ!って満足げな顔して襲ってます。

特に、目の前にある「おしり」にはかぶりつきたくて仕方ないようです。

今日も目撃しました。

日々、幾度となく繰り広げられる光景。それはどちらか片方だけでなく、したりされたり、50/50です。

いかに相手に「おしり」を向けないか、そんなこと子猫たちが考えてるわけ有りませんψ(`∇´)ψ

「おしり」が目の前にある瞬間、表情が不敵な笑みを浮かべ…ちょっと頭を後ろに引いて力をためます。おケツー!ロックオン!の瞬間、口が大きく開き、相手のおケツに思いっきり、容赦なく生えたての尖った乳歯でかぶりつきます。

かぶられた方は、ちょうどバランスを取って落ちるか落ちないかの自由が利かない微妙な場所での理不尽な仕打ちに怒りをこめて鳴いて抗議します。やり返そうと思って振り返るとバランスを崩して落っこちてしまいます。かぶられた方は、カミツキガメ(子猫)が離してくれる事を期待して猛抗議しますが、楽しくて仕方ないカブリツキガメさんはさらに力をこめてかぶりつきます。傷口に塩をすり込むような、仁義なき攻撃は猫の自由なルールみたいです。

された方、そうとう痛いらしく、でこっぱちにはannoyのマークつけて目はつりあがり、怒ってます。

した方、どうだ!痛いか?こんニャロメ~ψ(`∇´)ψって嬉しそうにも見えます。

好んでかぶりつくベスト3は、おしり、しっぽ、飛節(後足のくの字部分)、です。そこは先手必勝のツボがあるようです。

その後、取っ組み合って頭部にかぶりつく。かぶりつかれた方は後足で猛烈なケリケリ攻撃をお見舞いされっぱなし。ほっぺたの肉にかぶりつくようでは勝てません。弱点は耳。耳を噛まれると痛さの余り、ひるみます。

そして走る。

追う。

立場がいつの間にか逆になり、追ってた方が必死な顔で走り、逃げ始めることもしばしば。

追われても愉快。

目をまんまるくさせて、物陰に身を潜めて相手の動きに全神経集中。このときのスリルを溜め込みパーンと弾ける瞬間が、たまらなく楽しいみたいです。

|

« 高い高い♪ | トップページ | 具沢山な記事。 »

コメント

コニノアままさんclover

イターッannoy!と鳴いてるとき
おもわず顔が( ̄Д ̄;;イタそ~
になります。

うじゃっとひしめきあって戯れるこの時期、貴重です(^^)
おっしゃるとおりですconfident
やってやられてわかる痛み。大切な事です。

投稿: sunzdolphin | 2009年10月 9日 (金) 12時37分

見ているほうはヒヤヒヤでも
本人たちは楽しくてしかたないのでしょうね~note
短い期間だけど
兄弟で思い切り遊べる貴重な時間ですね。
やってやられて痛みがわかる
立派なおとにゃんになるのでしょうshine

投稿: コニノアまま | 2009年10月 8日 (木) 23時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182205/46433508

この記事へのトラックバック一覧です: スリリング♪:

« 高い高い♪ | トップページ | 具沢山な記事。 »