« ウルリッヒ殿下♪ | トップページ | 元気に育ってます♪ »

2011年4月13日 (水)

マルルの出産で思ったことが。

マルルの出産報告です^^4月13日ブラウンスポットの男子と女子ひとりずつ誕生しました。おとにゃんは、ニコラです。

母親譲りと言うか、それ以上と言うかそうでもないというかw

マルルのおかにゃんはローズ、独特の出産スタイルをお持ちの方でありました。ちょっと、似てるんですよね~ローズが出産前になると予告コールを激しくアピールする辺りなんかwww

マルルの場合はおとといの夜からじわっとアピール。私の計算では昨日か今日が出産予定日。予定通り、順調に下がってきてるな~と慌てもせず構えておりました。

昨日は吠えまくりのマルルcoldsweats01うるさいうるさい…w ギャーとか、ギャアオとか、ゴーとか…色々変化させながら私に訴えてました。

日本語で言うと、「ちょっとsign03来てるわよsign03 産むからsign03 ねーsign03 産む、産むっ、産むーーーっsign03 だからアンタ居なさいよ。」雰囲気的にはマツコの口調をイメージしてくださいw

居なさいよ、って言われなくても居ますわョ。初産のときははじめの子の頭がつっかえてなかなか難儀したこともあり、今回ももしかしてを考えてデーンと私、してました。

夜中、チェックしに行くとスヤスヤとお休みのご様子でしたので今日のことになりそう「だからアンタも寝なさいよ」。ということで私も寝て待つことに。そしてやっと本格的な陣痛が始まったのは今朝から。

このマツコさん、じゃなくってマルルさん、呼ぶんです。私を。ローズと一緒sign03www

マルルが陣痛に耐えてる間、私はコーヒーをすすりながら悠然と。マルルに「なにアンタひとりくつろいでんのよ~bomb」って眼差しで睨まれたとか睨まれないとかw

そして第一子が出てきてもうひと踏ん張りのところ、すこし手伝うとスルンと出て、ピャー!と元気な産声あげて。

元気な子で、出てきた早々にマルルのお乳を探しに一目散。私はマルルの後産を慎重に引きずり出そうと神経を集中させつつ子猫のたくましい行動を見ながら

ふと頭に浮かんだことが。

哺乳類の赤ちゃんは生まれたらスグに母親のお乳を吸おうと生命力全開ですよね。。。

自分の子供の出産のときは…

出産しても、スグに母乳に吸い付かせることがありませんでした。ちょろっと顔を見せてもらったらスグに連れて行かれ、引き離されるんですよね~。寂しかった~。

それが普通だったから、病院の方針のままそうしてましたけど…

私は病室、子供は保育ルームで助産婦さんに面倒見てもらうんですョ。授乳の時間になったら保育ルームにマスクをはめて行って授乳する。おしめの取替えもしない。抱っこできるのは、その時間だけ。。。お風呂の入れ方とか母乳を出すための地獄のマッサージとかそういうアレコレ教えてもらったりもしますが、あとはガラス越しに我が子を見てるだけ。母体を休める意味では良いでしょうが、今更ながら考えると…

出産直後から子供を抱いて、母子ともに同じ部屋の出産スタイルの方がいいな~と思います。離されたから母子の絆が薄くなったり愛情が欠けるとかそういうのはないですが

赤ちゃんだって、無機質なベッドに寝かされてるだけじゃなく、お母さんの側でお母さんのぬくもりや声、スキンシップを感じながら居たほうがいいだろうな~って思いました。だって出てくるまであったかい母体の中に居たのに、出てきたとたんいきなりひとりで居なくてはいけないなんて、過酷ですね。今更ながら、自分の出産時を思い出して後悔します。あのときずっと側に居てやるべきだった。子供がかわいそうだったな、と。

人間的な計らいをしてくれる産院を選ぶことも大切ですね~。自分の経験を踏まえて、私がばあちゃんになれる機会に恵まれたときには、あったかい産院選びを奨めたいと思います。

と、話がそれましたが・・・

本来、出産と育児は(一体化)こうあるべき。と、改めて気付かされた私です。

これから母になるご予定の方、是非とも母子一体型の出産をさせてくれる産院を探してくださいね~。

そして、マルルの後産が無事に出て処理をし、次の出産待ち。。。しばらくかかりそうだったので、私の腹ごしらえをその間に済ませておこうと昼食を。

は~、食った食った。と戻ってきますと、第二子が無事に誕生してましたヽ(´▽`)/

マルルさん、私が居るとなんかしてくれると思ってか、後産と臍帯処理せずにグッタリと。

あのな~、本来猫の出産たるもの全部最初から終りまで自分でするのが猫だろう?と思いつつ、私がその処理をチャッチャといたしましたとも。

ウチのおかにゃんメンバーの中には、「お構いなく、アタクチ自分でできますから!」と、言う子も多々おります。毎度毎度手を貸してるわけではありません。ただ、何かあったときにスグ対処できるようにと居るだけです。けど、ラクしたいおかにゃんは…私をアテにするんですね~w

20110413_marulabor01

出産直後のマルル母子です。大仕事成し遂げたオーラ出てます。お疲れ様です。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆ ポチ!ありがとうございます。

更新のないときでもポチポチくださりありがとうございます。 にほんブログ村 猫ブログ 

ベンガル猫へ

|

« ウルリッヒ殿下♪ | トップページ | 元気に育ってます♪ »

コメント

ウルリッヒままさんbud

そ~なんですよhappy01
うりちゃんだけじゃないんですw
するしないはその子によってありますけど

にゃんこさん全般、猫種類猫部族猫宗派猫政党かんけいなく、します^^

年齢が上がってくるとその仕草を見ることがなくなってきますから

いまだけなので、期間限定萌え~してくださいhappy01

投稿: sunzdolphin | 2011年4月15日 (金) 10時04分

毛布フミフミも可愛いですよねlovely

毛布おっぱいをチクチクするのは、うりだけだと思っていました。

猫全般に見られる行動なのでしょうか?
あるいは、ベンガルの遺伝子に特徴的に組み込まれているとかsign03

投稿: ウルリッヒまま | 2011年4月14日 (木) 22時41分

ひのさん&たみさんbud

えー六花ちゃんも?!しかも男子にまで伝染?!www
それしてると毛布はヨダレまみれだし、穴、開きませんか?www

時々、親離れさせた子猫が、兄弟のおなかにもぐりこんで出ないお乳を吸ったりすることがありますcoldsweats01
これはとても困ります~sweat02吸われてる方も嫌がらずに吸わせてるんですョ…coldsweats01発見するとやめさせますが…しばらく続きます。

アマゾンのその部族、月夜の晩にある沼に男女が集まってくるんです。その沼には猛毒を持つカエルやヘビがいて一刺しで命を落としてしまうそうです。
そんな死と背中合わせの場所でしか行ってはいけない命がけの行為なんですって~Σ( ̄ロ ̄lll)
そのドキュメンタリーの取材班は、18年間の交渉の末、初めて撮影が許可されたそうです。

エキューママさんの質問にお答えするのど忘れしてましたsweat01
プリちゃん元気ですョ~happy01

投稿: sunzdolphin | 2011年4月14日 (木) 15時05分

こんにちは、再度のコメント失礼しますm(__)m

大ママ様、そしてウルリッヒママ様、ウチの六花も毛布フミフミまではやってます。
避妊手術後に始まったんですけれども・・・
なんと、それまでしたこと無かった他の大人猫にまで伝染中です(^_^;)
2歳半のコと2歳目前のコのいきなりの行動に目が点の私たちです(笑)。
因みにやってるのは奏と真生です。
ベンガル文化、恐るべしです(笑)。

大ママ様、部族のお話、驚きでした。
精霊として森に返す・・・それはきっと彼らの文化なんですよね。
まだまだ知らない事が沢山あるんだなと実感しました!

投稿: ひの & たみ | 2011年4月14日 (木) 13時02分

ウルリッヒままさんbud

ありがとうございますo(*^▽^*)o

その恥ずかしい癖、よく見られる光景ですョ~w
私もその光景は可愛く思えて萌え~です^^

うりちゃんの弟妹はふたりで激しく乳取り合戦してます。
さぁ、どんな子に育つのでしょうか。楽しみですshine

投稿: sunzdolphin | 2011年4月14日 (木) 12時48分

エキューママさんbud

ありがとうございますo(*^▽^*)o
温かいお言葉、改心すべきところあるのでこそばがゆいですが励みにさせていただきますm(_ _)mheart04

エ、エキュたん…顔面を駆け抜けた?coldsweats01
ママさん、月光仮面みたいに成られたんですか?(≧m≦)
フルフェイスのヘルメット被ってお休みください…sweat02

投稿: sunzdolphin | 2011年4月14日 (木) 12時43分

ひのさん&たみさんbud

ありがとうございますo(*^▽^*)o

ローズに似てる子が居るとなんだか落ち着きます^^
信頼関係は、バッチリです~happy01good

人間の出産も色々な方針、で思い出しましたが
BSなにげに観てたら、アマゾンの奥深いところに住んでる部族の出産で…
宿した子供を産んでから、その子供を人間として迎えるか
精霊として森に返すかを決めるのは、その母一人。
結局、その女性(14歳)は、子供を精霊として森に返すことにしたというドキュメント。
精霊として森に返すには、白蟻の巣の中に子供を入れて…しばらくしたら、巣ごと燃やしてしまうんです。
全然比較するとこからはずれてますが…w
ところ変われば人間も色々、興味深かったです。

カンガルーケアは新鮮な響きでしたので検索してみました~^^ヒットの上位はリスクに関することが多々出てきました。ほ~、なるほどなぁ。。。と新しい言葉、お勉強させていただきました。

赤ニャンず、これから記事UPしようと思います~♪

投稿: sunzdolphin | 2011年4月14日 (木) 12時33分

うちのうりも、ついにお兄さんになったのですね。
感慨深いものがあります。
実は、うりは、生後七ヶ月になるというのに、モコモコベッドの表面をオッパイに見たてて、チクチクしながら寝るという、ちょっと恥ずかしい癖があるのです。
見ていると、たまらなく可愛いですよheart04
でも、今や、そのマルルさんの本物のオッパイを、
弟と妹がチクチクしているなんて、うりが見たら、
ジェラシーでしょうね。

ウルリッヒの弟妹が、どんなお宅でどんなベンガルに育つのか、とっても楽しみです。
幸せな猫生になりますようにcat

投稿: ウルリッヒまま | 2011年4月14日 (木) 01時18分

お疲れ様です。
とてもいいお話でした!

次々誕生する子猫たち、
一匹一匹大切に見守られ祝福されて産まれてくるんだなぁ…と
ほっこりした気持ちになりました。

今さらですが、いいブリーダーさんにめぐり合えて
エキューを譲ってもらえてよかったなぁという思いでいっぱいです(*´∀`*)

ヤンチャざかりのエキューですが、最近は優しい子だなぁと感心させられることが多くなりました。
身体だけじゃなく心の方も日々成長してるようです。
そんなエキューですが、先日寝ていた私の顔を駆け抜けていって
おでこにカッコイイ三日月傷を残してくれましたwヽ( )`ε´( )ノ

本当のエキューママ・プリちゃんは元気かなーhappy01

投稿: エキューママ | 2011年4月14日 (木) 01時15分

マルルちゃん、大ママ様、お疲れさまでした!
無事のご出産、おめでとうございます☆

ローズさんを彷彿とさせるマルルちゃんのお産、良いですねhappy01
何よりもおかにゃんたちとの信頼関係がステキです!

人間の出産も色々な方針がありますよね。
我々の友人が出産した時はお母さんが4人部屋で、赤ちゃんは生まれた次の日にはもうそれぞれお母さんの横で寝てたそうです。
本当は臨月お腹お拝みに行く筈が 「生まれちゃった」 という連絡があって、生まれたての新生児ちゃんを拝んできました。
その友人は今や2児のお母さんです^^

赤ちゃんを別室で・・・というのも、「お母さんが今しか休めないからゆっくり休んで」 という方針のトコロもあるようですし。
カンガルーケア推奨の病院もありますし、じっくり自分の気持ちに合う産院が近くにあると良いですよね。
・・・・私たちは多分お世話にならないかな、と思うんですが(笑)。

マルルちゃんの赤にゃんズ、ヴィヴィちゃんのシルバーガールちゃん共々、すくすく育つようにお祈り申し上げます。

投稿: ひの & たみ | 2011年4月13日 (水) 19時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182205/51378792

この記事へのトラックバック一覧です: マルルの出産で思ったことが。:

« ウルリッヒ殿下♪ | トップページ | 元気に育ってます♪ »